記事詳細

「くらわす時でも頭と腹はやるな」日馬富士が破った角界の“不文律” 制御効かず、一般人なら死ぬレベル (1/2ページ)

 横綱日馬富士が東前頭8枚目の貴ノ岩をビール瓶で殴打し、「頭蓋底骨折、髄液漏などの疑いで全治2週間」と診断されたのは衝撃的だ。体罰まがいの“かわいがり”という言葉が存在する角界だが、日馬富士の行為は言語道断、“おきて破り”だと指摘する声が挙がっている。

 相撲好きで格闘技全般に詳しく、新日本プロレスのリングドクターを務める医師の富家孝氏(70)は、「角界には昔から、『くらわす時でも頭と腹はやるな』という不文律がある。『くらわす』とは若手を指導したり注意する、『やるな』とは、そこだけは絶対避けろという意味。にも関わらず、横綱が相手の頭をビール瓶で殴ったというのは本当にショックだ」と首をひねる。

 「稽古のとき、腹を殴ると腹腔内出血を起こし、頭の場合は致命傷になる恐れがある。2007年に時津風親方が弟子をビール瓶で殴って死亡させた事件で逮捕されて以来、稽古場で兄弟子が弟子を殴打することはなかっただけに、この一件は深刻だ。稽古ではなく酒の席だったことで、横綱は制御が効かなかったのだろうか」と懸念する。

 医学的にみても、診断書に記載された症状は並大抵でない。

 富家医師は「相当強く殴らない限り、頭蓋底骨折や髄液漏の疑いにはならない。一般の人なら死んでいたと思えるほど強打で、悪質だ」と解説する。

関連ニュース