記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】フェードの習得で大事なことは一つ、フェースを返すな (1/2ページ)

 【今週の質問】私は学生時代に野球をやっていたのでヘッドスピードが比較的あるのですが、フックに悩まされています。友人には、「距離は落ちるがフェードにした方がいい」と言われています。スライスボールは打てるのですが、フェードのいい習得方法を教えてください。

 フェードとスライスの違いは何か。実は私にもわからない。

 スライスは大きく右に曲がり、フェードは落ち際にわずかに右に曲がるといわれたりする。もしくは、フェードはわずかに右に曲がりながら飛んでいき、真っすぐ落下するショットであるという人もいる。

 右曲がりの球といっても、いろいろな打ち方があって、いろいろな球質があるだろうが、要するに曲がり幅を小さくコントロールしたスライスがフェードと呼ばれているのだから、私はフェードという言葉は使わない。基本的に、同じものであると考えている。だから、全部スライスと呼んでいる。

 何か特別の技術があるかのように言うのは変なものだと思うからだ。同じようにドローという言葉も使わずにフックと呼んでいる。

 スライスを打ちやすくするために、スタンスをオープンにするのがいいとか、軌道をカットにするのがいいとか、フェースを開くのがいいとか、グリップを薄く握るとか、方法は山ほどある。どれも右に曲げるためには有効だが、何がいいかはその人の好みによるだろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう