記事詳細

【編集局から】日馬富士問題で鳥取のちゃんこ店へ、件のラウンジも見つけたが…

 横綱日馬富士の暴行問題の取材で鳥取に赴きました。「羽田-鳥取」便の飛行機は1日5往復ですが、なんとか空席があり、搭乗しました。CA(客室乗務員)さんが好みだったのはつかの間の“目の保養”でした。

 空港から鳥取市の中心街へタクシーで移動中、相撲関係の店として運転手さんがちゃんこ店を教えてくれましたが、ここが事件当日に力士たちが1次会で集まった店でした。ちゃんこは醤油と塩の2種類で、メニューには「2人前から」の文字が。店員さんの好意で1人前にしてもらいましたが、さすがに量は多かったです。

 もちろん食べていただけではありません。取材を続けるうちに暴行の現場となった2次会のラウンジも見つけ、中へ。怪しまれたのか、ママらしき女性が「すみませ~ん。今日は女の子が足りてなくて~」。私が「飲むだけでもダメですか?」というと「今日はちょっと…」と色っぽい声で言われたのであえなく退散しました。ラウンジを“体感”できなかったのは心残りでした。(海野慎介)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう