記事詳細

渦中の貴乃花部屋所属・貴景勝、ニセ記者見破った「NHKだから取材させろ…みたいな」

 ■大相撲九州場所10日目(21日、福岡国際センター)

 今場所金星を2つ奪い好調の西前頭筆頭・貴景勝が東前頭3枚目・松鳳山を激しい突っ張りの応酬の末に突き出し、勝ち越しに王手をかけた。

 支度部屋に戻ると、貴景勝は口から流血していた。「もろに(相手の突っ張りが)アゴに入りました」と脳しんとうまで起こし意識ももうろう。しばらく安静にしたあと、報道陣を前に「上の歯がぐらついてます。折れてるかも」といたって淡々と話した。

 こういうことは決して初めてではなく、「食事が大変なんです。調味料とか塩がすごく滲みる。でも食べないとスタミナがつかないんで」と説明した。

 「引退するときにあの一番だけは悔いが残る、というようなことは絶対言いたくない。今までの相撲人生で力を抜いて取った一番はひとつもないですから」と、まるで師匠の貴乃花親方の現役時代をまざまざと思い出させるようなコメントが続いた。

 所属の貴乃花部屋は日馬富士の暴行騒動の渦中にあり、九州場所の宿舎にも連日多くの報道陣がやってくる。「実はニセ者がいたんです。『NHKだから取材させろ』みたいな。でも、みなさんが付けている取材パスがなかったからニセ記者とわかりました」とニヤリ。

 貴乃花部屋は夜9時消灯が基本で、朝は日の出前から稽古を行う。普段から夜の街に繰り出すことは極めて少ない。貴景勝は一連の騒動について「僕たちからは何もいうことはないですから。何にも気になりません」とキッパリ。師匠の薫陶をしっかり受けている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース