記事詳細

日馬富士「心の師」が激白、暴行問題発覚直後の会話一部始終 「白鵬さんが言ってくださっている」 (1/2ページ)

 平幕貴ノ岩(27)に暴行し負傷させた問題で、年内にも傷害容疑で書類送検される見通しとなった横綱日馬富士(33)。10年来の交流を持つ「心の師」が、問題発覚後に交わした会話の一部始終を夕刊フジに語った。日馬富士と酒との関係や「礼儀」への強い思いなど、暴行の背景についても明かしている。

 広島市にある蓮華院金剛寺座主の木原秀成氏(72)は暴行に関する報道が出てから2日後の今月16日、日馬富士を心配して電話をかけた。

 「(いままでは)大げさなことがあれば向こうから電話がかかってきた。今回は反省していたのか電話をかけても出なかった」

 木原氏は続いてメールで「真実を知りたい。このままだとマイナスになっていく。協会のためにもファンのためにも…」と送ったところ、約30分後に日馬富士から電話がかかってきた。

 開口一番、「申し訳ございません」と言い、「今は何も言えません。ただ白鵬さんが言ってくださっている」とだけ語ったという。横綱白鵬(32)が「ビール瓶では殴打していない」と報道陣に話すなど、日馬富士の思いを代弁していることを指すとみられる。

 経営コンサルタントも務め、数多くの政財界人との対談も行っている木原氏は、日馬富士が「安馬」を名乗っていた頃から交流がある。場所中でもメールなどで連絡を取り合い、「目力」の大切さや「心技体」の重要性を説いているという。

関連ニュース