記事詳細

貴乃花親方、週明けにも理事解任か? 相撲協会評議員会・池坊議長を直撃、巡業部長の対応に不快感「大変残念」 (1/3ページ)

 横綱日馬富士(33)の暴行で負傷した平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)の言動をめぐり、日本相撲協会評議員会の池坊保子議長(75)が夕刊フジの取材に答え、不快感を表明した。協会理事や巡業部長としての職務を怠っていたと評議員会が認定すれば理事を解任される可能性もある。池坊氏は秋場所終了後の週明けにも評議員会を開く意向を示しており、日馬富士への処分と同時に、貴乃花親方も角界から事実上の「絶縁」を突きつけられる事態となりかねない。

 「若貴時代を築いた前途ある親方なのだから、今回のことに関しては大変残念に思う」

 池坊氏は夕刊フジの取材の冒頭、貴乃花親方にこう苦言を呈した。

 華道家元池坊専永氏夫人で、衆院議員を5期務め、文科政務官や文科副大臣を歴任、2014年に公益財団法人化した協会の評議員会議長を務める池坊氏が問題視するのは、秋巡業の責任者である巡業部長としての貴乃花親方の対応だ。

 鳥取市内での宴席で日馬富士に暴行を受けた貴ノ岩は当初、「階段から落ちた」などと言い、暴行の翌日の巡業の際には日馬富士と握手する姿も目撃されていた。その後、けがの原因が日馬富士の暴行だったことを知って激怒したという貴乃花親方は、10月29日に鳥取県警に被害届を出す一方、協会には報告していなかった。警察から連絡を受けた協会が11月3日に貴乃花親方に事情を尋ねた際も「分かりません」などと詳細を明かさなかった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース