記事詳細

出番なしの岡崎、にじませる危機感「課題突きつけられている感じ…正念場」

 イングランド・プレミアリーグでレスターの岡崎慎司は24日、1-1で引き分けたウェストハム戦で出番がなかった。ピュエル新監督就任4試合目で、初めて出番なしに終わった岡崎は「試合に出られない状況にはなってきている。ここが正念場」と危機感をにじませた。

 守備はプレス主体ではなく引いて、攻撃は個の力に任せるのが新監督の方針のようだ。過去にも同様の変更による不遇は経験している。「課題を突きつけられている感じ。この状況でも自分の強みを出せれば、自分が成長するかもしれない」と前向きに現状打破を期した。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう