記事詳細

元日本代表DF加地が現役引退「これまで応援してくださってありがとうございました」

 サッカーのJ2岡山は25日、2006年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会に出場した元日本代表DFの加地亮(37)が現役を引退すると発表した。27日に記者会見し、練習には12月3日まで参加する。

 加地は兵庫・滝川二高からC大阪に入団し、1998年にデビュー。G大阪では08年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇などタイトル獲得に貢献した。米プロリーグMLSでプレー後、15年に岡山に加入していた。

 加地はクラブを通じ「20年間のプロサッカー生活から引退することを決断しました。これまで応援してくださった皆さん、在籍したすべてのクラブの皆さん、ありがとうございました」とコメントしている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう