記事詳細

貴乃花親方が爆弾準備!モンゴル力士に関する決定的ネタに相撲協会戦々恐々 (1/3ページ)

 横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜部屋=の平幕・貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に対する暴行問題で、日本相撲協会と対立姿勢を鮮明にしている貴乃花親方(45)=元横綱。相撲協会の危機管理委員会による貴ノ岩の聞き取り調査を拒否し、26日の九州場所千秋楽後の打ち上げでは「正々堂々と闘っていく」と宣言した。大相撲関係者は「貴乃花親方は貴ノ岩から聞かされたモンゴル力士に関する決定的なネタを持っている」と話しており、爆弾発言に相撲協会は戦々恐々としているという。

 貴乃花親方は九州場所(福岡国際センター)が終了した26日午後11時過ぎ、北九州空港から空路で帰京した。27日午前0時半に羽田空港に降り立つと、付け人もなく単身で警察官にガードされながら無言のままタクシーに乗り込んだ。

 突然に見える帰京の背景については、「週刊誌か特定のテレビ局の単独インタビューに応じ“反撃”を開始するらしい」(民放関係者)などの情報が飛び交い予断を許さない。

 これに先立つ26日夜、貴乃花部屋は福岡県田川市の九州場所宿舎に隣接する「相撲茶屋 貴乃花」に支援者らを招いて千秋楽打ち上げ会を行った。親方と夫人の花田景子さんは参加したが、暴行事件の被害者である貴ノ岩は姿をみせなかったという。周辺には報道陣約100人が集結。会場の外から生放送するテレビ局もあり、パトカーが出動するなどものものしい雰囲気だった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース