記事詳細

午後も聴取続行の白鵬「全てお話しした」 日馬書類送検へ詰めの捜査

 大相撲の横綱日馬富士(33)が鳥取市内で平幕貴ノ岩(27)に暴行した問題で、鳥取県警は現場のラウンジに同席していた横綱白鵬(32)の参考人聴取を28日午後も続行し、事実関係を確認したもようだ。白鵬は聴取後の同日夕、報道陣に「自分の知ったことを全てお話ししました。後は協会と警察に全てお任せします」と述べた。

 県警は、横綱鶴竜ら同席した力士らの聴取をほぼ終えており、年内にも傷害容疑で日馬富士を書類送検する方向で詰めの捜査を進める。

 県警は捜査員を派遣し、同日午前から、福岡市内のホテルで白鵬を聴取。日馬富士の暴行時や白鵬が制止したとされる状況、酒席が設けられた経緯などの説明を求めたとみられる。白鵬は28日午後4時半すぎにホテルを出て報道陣の取材に応じた。

 白鵬は、九州場所千秋楽の翌27日に行われた記者会見では「見たままを話す」と語っていた。同席者らの証言は一部に食い違いがあり、県警はこれまでの聴取結果などを踏まえ、日馬富士や貴ノ岩から再聴取する方向で検討している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう