記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】6番より長くなると当たらないワケ 体全体でスイング、手の動き忘れろ! (1/2ページ)

 【今週の質問】ショートアイアンならば打てるのですが、6番より長いクラブになると当たらなくなってしまいます。ダフりが多いので気をつけているのですが、どうしてもチョロが出てしまうのです。

 体を回転させることができれば、大きな円いスイング弧を描くことができる(写真〔1〕〔2〕)。インパクト前後でヘッドが水平に走る時間ができるので、小さなボールでも安定して打っていくことができるのである。ポイントは体全体でスイングするということだ。

 対照的なのが手でクラブヘッドをコントロールして打とうとする人である(同〔3〕)。テークバックで胸を右に向け、フィニッシュで左に向けることができればいいのだが、この動きが小さいと手だけで打つ形になる。

 弧は小さくなるし、胸の向きの変化の割合に対して、手の動きが大きすぎるので、円く振ること自体が難しい。ヘッドは上から下に落下し、地面に刺さって抜けていかない。

 手で打つタイプは頭でゴルフをやろうとする人に多い。頭のいい人、手先の器用な人といったらいいだろうか。こういう人は残念ながら、一生懸命練習しているのに上達が遅い。

 前述したように、安定したインパクトをつくるには、ボールから顔を背けるくらいに体を右に向け、ボールなど見ないで振るようなつもりでフィニッシュに向けて振り切っていく方がいい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう