記事詳細

巨人・阿部、由伸監督との“微妙な距離感” 監督をいまだに「名前」呼び、“ねじれ”2年経っても解消できず (1/2ページ)

 チームの若返りを加速させたい巨人にとって、阿部慎之助内野手(38)の処遇は頭の痛い問題だ。高橋由伸監督(42)は就任3年目の来季こそ、大ベテランとの“微妙な距離感”を解消できるのか。

 阿部は27日、東京・大手町の球団事務所で契約更改。5000万円減の年俸2億1000万円でサインした。

 「残念でしたね。その一言に尽きます」と総括した今季。8月に通算2000安打を達成し、3年ぶりに規定打席にも達したが、減俸を免れられず。辛い評価を、本人は「昔、打ちすぎてしまったんで、今この成績だとだいぶ落ちたといわれる。年相応の活躍をしたい」と受け止めた。

 129試合出場で打率・262、15本塁打、76打点。打力の指標「OPS」(=出塁率+長打率)は・718。セ・リーグの4番打者では格段に低いが、それでも主砲に据えざるを得なかった台所事情に、巨人打線の厳しい現実がある。

 来季の目標を「あと何年できるか分からないが、野球人生が終わるまでにあと1回優勝したいなと思います」と語った阿部自身の起用法に、覇権奪回への道筋が左右されるのは間違いない。

 原前監督が「このチームは、慎之助のチーム」と称したように、近年の黄金時代は主将、4番、正捕手を一手に引き受けた阿部抜きに語れない。同時期に現役だった高橋監督は、あくまで脇を固めるベテランの役回りだった。ところが2015年オフ、高橋政権誕生で両者の立場は一変。お互いの距離感が定まらないまま、V逸の2シーズンが過ぎた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース