記事詳細

日馬富士、引退へ 責任取り自ら決断 伊勢ケ浜親方「責任は重いと判断した」

 大相撲の平幕貴ノ岩(27)に暴行して負傷させた横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が現役引退を決めたことが29日、分かった。鳥取県警の捜査や日本相撲協会危機管理委員会の調査が進む中、結論が出る前に自ら責任を取る決断をしたとみられる。

 日馬富士は秋巡業中の10月25日深夜から26日未明にかけて、鳥取市内での酒席で貴ノ岩を殴打した。捜査関係者によると、貴ノ岩の態度に腹を立て、平手やカラオケのリモコンで殴ったことを認めた。協会の横綱審議委員会は27日に会合を開き「非常に厳しい処分が必要」との見解で一致していた。

 日馬富士は九州場所初日から2連敗。問題が発覚した3日目から休場した。初土俵は2001年初場所。12年秋場所後に第70代横綱に昇進した。

日馬富士の師匠、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)「問題を起こし、相撲協会と世間に大きな迷惑を掛けた。この責任は重いと判断した。(29日の)番付編成会議で引退届を提出する」