記事詳細

落胆広がる日馬富士の母国モンゴル 相撲取ってほしかった

 大相撲の平幕貴ノ岩関に暴行した横綱日馬富士が現役引退を決めたことに、両力士の母国モンゴルでは29日、衝撃と落胆が広がった。モンゴル出身の元小結旭鷲山、ダバー・バトバヤル氏は共同通信の電話取材に「とても残念だ。相撲を取ってほしかった」と沈痛な様子で話した。

 モンゴル出身力士の先輩であるバトバヤル氏は、2人の和解に向け27日まで日本を訪問したが、目的を果たせず「(日馬富士は)まだ最低5回は優勝できるはずだった」と無念さをにじませた。「せめて相撲部屋に残って親方になれるといいが」と将来を案じた。

 横綱白鵬の母親タミルさんも「非常に残念」と落胆。「貴ノ岩は相撲ができる状態という診断が出ていたと聞くが、なぜこういう結果になったのか」と話し、引退決断に違和感を示した。(共同)