記事詳細

日馬富士、暴行理由は貴ノ岩の態度 引退会見で「やった事実はある、責任は横綱として取らないと」

 暴行問題を起こした大相撲の横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が29日、現役を引退した。日本相撲協会に引退届を提出して受理された。

 日馬富士は同日、福岡県内で記者会見し「横綱の責任を感じ、本日をもって引退させていただきます。大変迷惑をお掛けしたことを心から深くおわび申し上げます」と語った。日馬富士は日本国籍を持っていないため、親方として相撲協会に残ることはできない。

 日馬富士は会見で暴行の理由について「弟弟子の礼儀がなっていないときに直し、正し、教えることが先輩の義務。彼を傷つけ、世間を騒がせてしまった」と、貴ノ岩の態度が理由であることを明かした。また「(暴行を)やった事実はあるので、責任は横綱として取らないといけない、と(元横綱旭富士の伊勢ケ浜)親方と話した」と語った。相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会からは「非常に厳しい処分が必要」との指摘を受けていた。