記事詳細

ハリル監督、海外組招集せず国内組のみで編成の理由 G大阪・初瀬、川崎・阿部らが初選出

 日本サッカー協会は29日、12月の東アジアE-1選手権に臨む男子の日本代表23人を発表し、MF清武(C大阪)やFW金崎(鹿島)が復帰し、DF初瀬(G大阪)やMF三竿健(鹿島)、FW伊東(柏)、阿部(川崎)らが初選出された。海外組は招集せず、国内組のみで編成した。

 鹿島とG大阪から最多の6人ずつが名を連ね、クラブワールドカップ(W杯)に出場する浦和からは選ばなかった。日本は2年前の前回大会で2分け1敗の最下位に終わっており、ハリルホジッチ監督は「ホームなので優勝を目指す。W杯に向けた準備の一環であることも忘れてはいけない」と話した。

 日本は9日に北朝鮮、12日に中国、16日に韓国と東京・味の素スタジアムで対戦する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう