記事詳細

問題の解明まだ 拙速批判、関係者の責任論も浮上 日馬富士が引退

 暴行問題を起こした大相撲の横綱日馬富士関(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が29日、現役を引退した。日本相撲協会に引退届を提出して受理された。日馬富士関は同日、福岡県内で記者会見し「横綱の責任を感じ、本日をもって引退させていただきます。大変迷惑をお掛けしたことを心から深くおわび申し上げます」と述べた。

 日馬富士関は日本国籍を取得していないため、親方として相撲協会に残れない。鳥取県警の捜査や相撲協会危機管理委員会の調査が進む中、不祥事の責任を取って自ら身を引いた。

 日馬富士関は秋巡業中の10月25日深夜から26日未明に鳥取市内での酒席で同じモンゴル出身の平幕貴ノ岩関(27)に暴力を振るい、けがを負わせた。貴ノ岩関は「右中頭蓋底骨折の疑い」などとの診断書を相撲協会に提出し、11月の九州場所を全休した。

 暴行に至った経緯などについて「弟弟子の礼儀がなっていないときに直し、正し、教えることが先輩の義務。彼を傷つけ世間を騒がせてしまった」と語った。

 日馬富士関は「安馬」のしこ名で平成13年初場所に初土俵を踏み、細身ながら闘争心あふれる取り口で活躍し、24年秋場所後に第70代横綱に昇進した。優勝9度、史上6位の幕内712勝の実績を残した。九州場所は暴行が発覚した3日目から休場していた。不祥事で引退した横綱は、22年初場所中に暴行問題を起こして同年2月に現役を退いた朝青龍ら、戦後4人目。

 「日馬富士の意思を尊重し、引退届を受理いたしました。まさに断腸の思い」。現役横綱の突然の引退を受け、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)はこうコメントした。

 しかし、鳥取県警の捜査はもとより、日本相撲協会危機管理委員会の調査も完結していない。問題の全容解明を待たずに引退を承認した対応には拙速との批判も上がる。最高位に就く横綱が起こした不祥事で角界のイメージ低下は必至。日馬富士関の引退で幕引きとはならず、今後は関係者の責任論も浮上する。

 現職理事でもある日馬富士関の師匠、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)の監督責任は理事会で議論されることになる。暴行現場にいながら騒動について相撲協会などに報告していなかった横綱白鵬関、横綱鶴竜関、関脇照ノ富士関らの対応も問題になりそうだ。一方、貴ノ岩関の師匠で巡業部長の貴乃花親方(元横綱)は、問題発覚後に鳥取県警へ被害届を出しながら協会へは報告せず、協会による貴ノ岩関の聞き取りを拒否。相撲協会への非協力的な姿勢が鮮明で、その姿勢が疑問視されている。大騒動になった暴行問題が落ち着く気配はない。(産経新聞、藤原翔)