記事詳細

【編集局から】疲れで目の前に虫が飛び始めたばかりか、貴ノ岩ばりに耳も聞こえづらく…

 10月18日からパ・リーグのクライマックスシリーズ、日本シリーズで博多に滞在。侍ジャパンの宮崎合宿が13日に終わり、「これでしばらく出張はないな」と寝ていると、14日朝に「日馬富士が貴ノ岩をビール瓶で殴ったから、今から九州場所に行け!」とデスクから電話があり、再び博多へ戻りました。

 「博多にずっといれるなんて、うらやましい」と私も他人事なら思うでしょうが、夜遅くまで仕事の毎日。そういえば日本シリーズ前にソフトバンク・達川ヘッドコーチが、広島時代に西武と戦った1991年の日本シリーズを振り返り、こんな話をしてくれました。

 「あのときは疲れて、目の前に虫が飛んでるようにみえた。病院に行ったら『一生治りませんよ。治るには疲れを取るしかないから、とにかく寝てください』と睡眠薬をくれて、起きたら虫がいなくなっていた」。

 その時はテンポのいい達川節を「へ~」と思いながら聞いていましたが、私も5日ほど前から、目の前に虫が飛び始めまたばかりか、貴ノ岩ばりに左耳も聞こえづらくなってきました。当初は2、3日のつもりで九州場所に向かいましたが、この騒動はいつ収まるのでしょうか。(運動部・塚沢健太郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう