記事詳細

主犯は白鵬、日馬富士暴行は忖度 貴ノ岩への説教がすべての発端だった 貴乃花親方との遺恨もヒートアップ (1/3ページ)

 引退した元横綱日馬富士(33)による暴行事件の“元凶”は、横綱白鵬(32)=宮城野部屋=だった。日本相撲協会は11月30日、東京・両国国技館で定例理事会を開き、危機管理委員会が中間報告を行った。同報告によると、問題の10月25日夜、まず白鵬が一次会の席で平幕貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に説教を始め、二次会でも続行。その際、貴ノ岩の態度に激高した日馬富士が白鵬を忖度(そんたく)して暴行を働いたというのだ。一方で、白鵬が「貴乃花巡業部長を代えてほしい」と発言していたことも判明。にわかに貴乃花親方vs白鵬全面対決の様相を呈してきた。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 定例理事会が開かれた30日、国技館には朝から100人以上の報道陣が詰めかけ、パトカーが複数回出動するなど異様なムードに。午後1時、定刻通り始まった定例理事会は3時間半に及ぶ長丁場となった。

 終了後に会見した協会危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)によると、暴行があった夜の一次会終盤、まず白鵬が貴ノ岩の日頃の言動をとがめ説教。「日馬富士は貴ノ岩をかばい、その場を収めた」(高野委員長)というのだから、当初伝えられていた話とはまるであべこべだ。

 白鵬は二次会でも貴ノ岩、さらには元大関照ノ富士(26)を加えた2人を相手に、説教を続行したという。

 その時に貴ノ岩がスマートフォンをいじっていたことで、日馬富士が激高し、『謝れ』と十数回平手で殴った。さらに貴ノ岩がにらみ返したためにエスカレートし、カラオケのリモコンで頭を数回殴打したという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース