記事詳細

元横綱日馬富士を再聴取 今週にも書類送検

 大相撲の元横綱日馬富士関(33)が平幕貴ノ岩関(27)に暴行した問題で、鳥取県警は2日、鳥取市内の県警本部で元横綱を再聴取した。現場のラウンジに同席していた横綱白鵬関らの聴取内容と突き合わせ、事実関係に矛盾がないか最終確認し、早ければ今週にも傷害容疑で書類送検する方向で詰めの捜査を進めている。

 元横綱は県警本部に約9時間滞在。捜査関係者によると、再聴取では落ち着いた様子で応じていたという。検討を進めていたラウンジに元横綱を立ち会わせた上での実況見分は行われなかった。

 元横綱は羽田発の航空機に搭乗し、午前8時すぎ鳥取空港に到着。車で県警本部に入った。黒い帯を締めた白っぽい着物姿で、無言のまま表情を変えることもなかった。

 午後6時すぎに車で県警本部を出て、空路で帰京。羽田空港で、報道陣の問い掛けに「もう話すことはありません」とだけ述べた。

 11月29日の引退会見では「弟弟子の礼儀がなっていないときに直し、正し、教えることが先輩の義務。彼を傷つけ、世間を騒がせてしまった」と語っていた。

 捜査関係者によると、元横綱は、11月17日に東京の両国国技館で行われた聴取で、貴ノ岩関の態度に腹を立て、素手やカラオケのリモコンで殴ったと説明している。

 10月25日夜、元横綱らはちゃんこ店で飲食後、ラウンジに移動。個室には、元横綱らモンゴル出身力士や石浦関、鳥取城北高関係者らが同席していた。貴ノ岩関は同高相撲部出身。

 日本相撲協会の危機管理委員会が発表した経過報告によると、素手などでの殴打の他、シャンパンのボトルをつかんで振り上げたが手から滑り落ち、ボトルでは殴っていないという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう