記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】「シャフトが寝る」とはどういう意味? 傾きすぎて野球のスイングに…グリップが常にヘソの方を向くように意識 (1/2ページ)

 【今週の質問】私のショットが安定しないのはシャフトが寝ているからだと言われました。シャフトが寝るというのはどういう意味でしょうか。

 シャフトが寝るというのは、ダウンスイングのとき、適正なシャフトの傾きよりも水平に倒れてしまっている状態のことをいう(写真〔1〕)。

 スイングでクラブヘッドは円軌道を描く。その軌道は、野球のスイングほどフラットでもないし、シャフトが垂直に立つほどアップライトでもない。ゴルフの円軌道は斜めに傾いているから、シャフトも傾いて下りてくるのだが、これが傾きすぎると寝て、野球のスイングのようになる。

 寝ている人のもっとも出やすいミスはダフり。ダウンスイングの適正な軌道よりも、ヘッドが低い位置から入ってくるので、ボールに届く前に地面に接触してしまうのだ。ダフってから、ソールが跳ねてのトップ、チョロも出やすい。

 また、うまく当たったとしても、ダウンスイングのヘッドの軌道が低すぎ、グリップの位置が持ち上がって高くなるのでフェースの開いたインパクトになりやすい。ヘッドは背中の方に大きく回り込んでくるので、インサイド軌道が強くなり、右に出て右に曲がるプッシュスライスが出る。OB一直線で、このタイプの人はシャンクも出やすい。

 寝る傾向にある人は、なかなかシャフトを立てて下ろす感覚がつかめない。クラブヘッドは重いので、ダウンスイングでは重力に引かれる。先が重いのだからシャフトはどんどん寝ようとするので、この癖をなかなか直せない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう