記事詳細

平昌五輪参加禁止のロシアが「ボイコット」示唆 サッカーW杯にも影響か (1/2ページ)

 国際オリンピック委員会(IOC)は5日、スイスのローザンヌで理事会を開き、国主導でドーピングの組織的不正があったとして、ロシア・オリンピック委員会(ROC)を資格停止とし、来年2月の平昌冬季五輪から同国選手団を除外することを決めた。潔白を証明できる場合のみ、「ロシアの五輪選手」として個人資格での参加を容認したが、国旗や国歌の使用は認めない。

 IOCはROCのジューコフ会長のIOC委員資格を停止し、不正が行われた2014年ソチ冬季五輪当時ロシアのスポーツ相だったムトコ副首相を、五輪から永久追放した。調査費用1500万ドル(約17億円)の負担もROCに求めることも決めた。IOCのバッハ会長は「五輪に対する前代未聞の攻撃だ」とロシアを非難した。

 ロシアはソチ五輪で金13、メダル総数33個を獲得し、ともに国別でトップだったが、違反者は25人に上り、金4、銀6、銅1のメダル剥奪が決まっている。

 一方、ロシアは5日、強く反発。露外務省のザハロワ報道官は5日、「われわれは決して屈しない」。露下院の有力議員は「バッハ(IOC会長)には謝罪しない」と強調した。ジューコフ会長は、不正を告発したロドチェンコフ氏を「詐欺師だ」と批判した。

 ロシア側からは、「大会ボイコット」の声も出ており、12日にも同国選手が五輪に参加するかどうかを決める見通し。処分が長引けば2020年東京五輪への影響も懸念される。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース