記事詳細

白鵬の「モンゴル一門」実現のために貴乃花が消される? (1/3ページ)

 モンゴル人力士が集まった酒の席で元横綱・日馬富士(33才)が貴ノ岩(27才)を暴行した問題は、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(45才)とモンゴル人力士の頂点に立つ横綱白鵬(33才)との対立に発展してきた。

 部屋の垣根を超えて力士同士が仲よくすることは馴れ合いになり、八百長につながりかねないと考える貴乃花親方は、貴ノ岩が「モンゴル互助会」に参加することを禁じていた。「モンゴル互助会」とは、モンゴル出身力士による親睦会の名称で、15年ほど前に旭鷲山の呼びかけで結成されたとされる。「モンゴル力士会」と呼ばれることもある。

 番付に応じて会費を集め、病気になった力士の見舞金や冠婚葬祭の費用などに充てる生活互助会である一方、部屋の垣根を超えて酒を酌み交わすこともある。そんなこともあり、「モンゴル互助会」に参加しない貴ノ岩と参加を禁じる貴乃花親方に、白鵬や日馬富士が反感を買っていた可能性も少なくない。実際に白鵬は福岡市内で開かれた八角理事長による暴行問題に関する講話の席で「貴乃花巡業部長のもとで冬巡業には参加できない」と発言した。

 ■白鵬のために夫人は自宅でも着物

 白鵬には、他のモンゴル人力士と違う点がある。それは日本人である紗代子夫人と結婚したことだ。

 「他のモンゴル人力士がモンゴル人女性と結婚するなか、白鵬が選んだのは日本人女性でした。将来、親方になって自分の部屋を持ちたい白鵬にとって、おかみさんは日本のしきたりを熟知する女性の方が適していますからね」(白鵬に近い関係者)

 2000年に15才で来日した白鵬は18才の時、朝青龍が開いたパーティーで1才年上の紗代子夫人と知り合った。紗代子夫人は徳島で林業を営む資産家の令嬢で、3年の交際を経て、2007年に当時大関だった白鵬と結婚した際は学習院大学法学部に在籍する女子大生だった。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース