記事詳細

いったいどこに? 貴ノ岩の潜伏先を徹底追跡 貴乃花部屋、自宅、支援者のもと…夕刊フジ記者が直撃 (1/2ページ)

 引退した元横綱日馬富士(33)から暴行を受けた幕内貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=はいま、どこにいるのか? 一連の騒動で、残された最大の謎がこれだ。

 暴行事件が発覚した11月14日以降、被害者の貴ノ岩は1度も公の場に姿を見せず、日本相撲協会の危機管理委員会による事情聴取も師匠の貴乃花親方(45)=元横綱=が拒否。相撲協会でさえ、その所在をつかめていないのが現状だ。

 ささやかれる潜伏先候補はいくつかある。都内の貴乃花部屋。本人の自宅。そして京都府の貴乃花部屋支援者のもとだ。夕刊フジの記者が追跡した。

 まず貴乃花部屋には、常に報道陣が徹底マーク。鼠1匹たりとも人目に触れずに立ち入るのは難しい。8日には、貴乃花親方の景子夫人(53)が部屋に入る際、報道陣から「貴ノ岩関は部屋にいらっしゃるのですか?」と質問が飛んだが、応答はなかった。

 次いで、その貴乃花部屋から徒歩圏内の、貴ノ岩の自室があるといわれるマンション。

 近隣の70代男性に聞くと、「ああ、いるよ。間違いなく貴ノ岩はここに住んでいる」と証言。別の飲食店主は「数カ月前、いまテレビによく出ているお兄さんらしき人と一緒にいるのを見かけた。付き人も出入りしているようだ。でも、最近は見てないねえ…」。

 やはり暴行事件後は自宅マンションにも帰っていないのだろうか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース