記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】オーバースイングが直らない理由 「倉本プロは小さい」は完全な間違い、本当のトップの大きさを理解しろ (1/2ページ)

 【今週の質問】ダフったりトップしたりする原因がオーバースイングであることはわかっているのですが、直すことができません。プロのようなコンパクトなトップにするにはどうしたらいいですか。

 私はトップを小さくする必要はないと思う。しかし、一般的にオーバースイングはいけないとされている。だからコンパクトなトップがいいと思う人が多いようだ。

 先日、こんなことを言うアマチュアの方がいた。同じようにオーバースイングに悩んでいるのだという。

 「倉本昌弘プロのような小さなトップに憧れているんです。あれぐらいコンパクトなら、正確に打てるような気がするので」

 面白いことを言うなあと思った。何が面白いと思ったかというと、倉本プロのトップが小さいというところだ。このあたりが誤解というところなのだろう。

 私が思うに、倉本プロのトップは、並みいるプロの中で最も大きいと思う。小さいというのはトップで手が肩口にあり、クラブが立った状態に収まっていることを指しているのだと思うが、倉本プロほどバックスイングで左肩が入り、上体が大きく回転する選手はいない。

 今季も一緒にラウンドする機会があったが、相変わらず体が良く動いていた。たぶん、倉本プロは体をターンさせる意識だけでスイングしており、手を使う意識は全くないと思う。大きな体のターンのバックスイングをとれるから、パワーが十分で、手を動かす必要がない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう