記事詳細

ドルト香川がマインツ戦で8試合ぶりゴール パチューカ本田は南米王者に惜敗

 ドイツ1部ドルトムントのMF香川真司(28)が12日、敵地マインツ戦で今季3得点目を決めた。2-0で勝った。リーグ戦3試合ぶりに先発でフル出場。後半10分に先制点の起点となるFK。同44分にスライディングしながら2点目を右足で決めた。ゴールは9月30日のアウクスブルク戦以来8試合ぶり。

 クラブW杯第3日は12日、UAEのアルアインで準決勝が行われ、FW本田圭佑の所属する北中米カリブ海代表のパチューカ(メキシコ)は延長の末に南米王者のグレミオ(ブラジル)に0-1で敗れた。本田はフル出場した。

 5位決定戦でJ1浦和がアフリカ王者のウィダド・カサブランカ(モロッコ)を3-2で下した。浦和は前半、マウリシオのロングシュートで先制。直後に追い付かれたが、柏木のゴールで勝ち越し、後半にもマウリシオが決めて突き放した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう