記事詳細

勝利に貢献した香川「勝つことが自信と余裕を与えてくれる」

 ドイツ1部ドルトムントの香川真司(28)は12日、アウェーのマインツ戦にフル出場し、1点リードの後半44分に今季3点目を挙げて2-0の勝利に貢献した。チームはリーグ戦で9戦ぶりとなる白星。

 「非常に長かった。でもここから」と言葉をかみしめた。勝利も自身のゴールも、リーグ戦では2カ月半ぶり。シュテーガー新監督となって迎えた初戦は、練習は1日だけで、戦術練習で最初は先発組ではなかった。

 しかし、まず後半10分、左サイドからFKをゴール前へ送り、先制点の起点となった。同44分にはゴール前へ駆け上がって、滑り込むようにしながらネットを揺らした。「どんな状況でも、勝つことが僕たちに自信と余裕を与えてくれる」と香川。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう