記事詳細

レアル、逆転勝ちで決勝進出 グレミオと対戦へ

 サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第4日は13日、アブダビで準決勝が行われ、欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)が開催国枠出場のアルジャジーラ(アラブ首長国連邦)に2-1で逆転勝ちし、2大会連続で決勝に進出した。

 Rマドリードは前半に先制されたが、後半にC・ロナウドとベイルの得点で逆転した。16日の決勝では大会初の2連覇を懸けて南米王者のグレミオ(ブラジル)と対戦する。

 アルジャジーラは3位決定戦で本田圭佑の所属するパチューカ(メキシコ)と顔を合わせる。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう