記事詳細

貴ノ岩聴取は現段階で拒否 地検処分後、報告と処分へ

 大相撲の元横綱日馬富士関による暴行事件で、被害者の平幕貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会危機管理委員会に対し、鳥取地検の元日馬富士関への処分が出るまで貴ノ岩関の聴取に応じないとする文書を12日に送っていたことが13日、協会関係者の話で分かった。協会は13日を聴取日に指定していたが、貴乃花親方はこれを拒否した。

 相撲協会は最終報告をまとめるとしていた20日の臨時理事会までに聴取を目指すが、実施は厳しく収束には至らない。危機管理委は20日に予定通り、調査報告を行う。11月30日の理事会で公表した報告から進展のない内容となりそうだが、関係者は「貴ノ岩の被害感情が入らないだけ。暴行の状況はほとんど把握できているので(聴取できなくても)大きな違いはない」と説明した。

 20日の臨時理事会では予定通り処分も検討。協会関係者によると、貴乃花親方は秋巡業中の出来事にもかかわらず、巡業部長として報告義務を怠った点、元日馬富士関の師匠、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)には監督責任を問う。

 貴乃花親方は11月30日の理事会で、警察の捜査が終われば危機管理委の聴取に協力する意向を示した。協会側はこれを書類送検後とし、元日馬富士関は11日に書類送検された。関係者は「まだ検察の捜査があるから終わっていないということなのだろう」と述べた。

 13日は鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)が東京都江東区の貴乃花部屋へ今月5度目の訪問。インターホンを押しても返答はなく「聴取日だが、何で来ないのかを尋ねた。電話しても出ないから」と述べ、文書をポストに入れた。協会広報部は「貴ノ岩が心配だ。安否も含めて、症状をお知らせくださいとの文書を持っていった」とのコメントを出した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう