記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】引き逃げ、スコア改ざん…暗いニュースに気の滅入る年末 プロゴルフ界でも選手の資質が問われる事態

 無事に今季ツアーが終わった。来年はどんな一年になるのだろうかと考えていたら、スマホの着信音が鳴った。ネットニュースの知らせだった。ニュースを見て、思わずスマホを落としそうになった。

 レギュラーツアー時代は山本善隆さんらとともに「関西ゴルフ四天王」の一人だった中村通さん(67)が10日に兵庫県警宝塚署に逮捕されたとのこと。目を疑った。しかし、何度読み返しても「ひき逃げの疑い」と記されている。俺は言葉を失った。

 記事によれば9日の午後6時15分ごろ、宝塚市内の県道で乗用車を運転中、反対車線沿いにある温浴施設に入ろうと右折したところ、男子大学生が乗った自転車に接触し、軽いケガを負わせたという。

 その場で緊急対応処置を取っていれば、これほど大事にはならなかったかもしれないが、逃走したというのだから問題になるのは当然だ。情けない。ツアー通算20勝。シニアツアー3勝、1980年にはマスターズに出場している実績が台無しだ。

 また、6日のこと。日本ゴルフツアー機構は「太平洋クラブチャレンジトーナメント」でスコア改ざんを行った斉藤拳汰に対し、10年間のジャパンゴルフツアーへの出場停止の懲戒処分決定を下した。スコアカードの数カ所を消しゴムで消し、少ないスコアを書き入れ、スコアを過少申告したという。ゴルフ規則第1章に規定する「ゴルフの精神」に反する重大な違反行為だ。

 ルールや規則、法律に抵触したからという次元ではない。プロとしてゴルフをする資格のない不祥事、運転免許証を持っているドライバーとしてハンドルを握る資格もない行為。それ以前の問題といわざるをえない。大相撲界と同じく、プロゴルフ界も選手の資質が問われる事態が起きているのは悲し過ぎる。わざわざ明るい話題を探さなければならないこの現状が辛い。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう