記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】テークバックはインに入れ過ぎないこと アウトサイドインの軌道で出やすくなるスライス (1/2ページ)

★大槻智春(2)

 トップの形やダウンスイングでのクラブの動きを気にしている人が多いようです。

 それに対して意外と無頓着なのがテークバックです。僕が見ている限り、理想の軌道(写真〔1〕〔2〕)に上げている人は少なく、インサイドに入れ過ぎたり、アウトサイドに上げ過ぎたりしている人が多いにも関わらず、ほとんどの人はこの部分を気にすることなくクラブを振っています。

 特に多いのが、(同〔3〕のようにインサイドに入れ過ぎるケースです。このようにインに入ってしまうと、トップではシャフトが飛球線と交差するクロストップになりやすくなります(同〔4〕)。そして、このトップからダウンスイングに入ると、クラブが外側から入ってくる、いわゆるアウトサイドインの軌道になり、スライスなどが出やすくなります。

 もし皆さんが、クロストップやアウトサイドインのカット軌道で悩んでいるのなら、まずテークバックをチェックしてみたほうがいいでしょう。

 インストラクターやゴルフ仲間にチェックしてもらうというのが理想ですが、とりあえず自分でチェックしてみましょう。目で追える範囲(普通の人ならハーフウェイバックくらいまでは見えるはずです)でいいので、クラブがインに入り過ぎたり、アウトに上がり過ぎたりしていないかを確認して、そこからトップまで振り上げるようにしましょう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう