記事詳細

ヤクルト・原は2900万円で更改「けがをせず1年間やり通す」

 ヤクルトの原樹が14日、1200万円増の年俸2900万円で契約を更改した。2年目の今季は3勝11敗と黒星が先行したが、131回1/3を投げて防御率3・84と安定感が出てきた。球団からは来季の開幕投手を目指すように伝えられ「開幕ローテにしっかり入り、けがをせず1年間やり通す」と意気込んだ。

 松岡は700万円減の3600万円でサイン。通算500試合登板まであと23に迫り「来年は集大成として培ったものを出す」と話した。鵜久森は150万円減の1150万円で更改した。(金額は推定)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう