記事詳細

なでしこ日本、北朝鮮に完敗 優勝を逃す 東アジアE-1選手権

 サッカーの東アジアE-1選手権で、女子日本代表「なでしこジャパン」は15日、北朝鮮に0-2で完敗し、優勝を逃した。

 3大会ぶり3度目の優勝を目指したなでしこジャパンは押し込まれる展開が目立った前半を0-0で折り返したが、後半も攻撃のリズムはつかめず、厳しいマークに苦しんだエース岩渕(INAC神戸)も後半17分にベンチへ下がった。

 すると、20分にクリアが不十分になったボールを拾われ、北朝鮮のエースストライカー、キム・スンミに強烈な左足シュートを決められて、失点。37分にも左クロスを押し込まれて2点目を許した。(産経新聞)

DF宇津木「強い気持ちで臨んだが、結果が全て。一人一人が成長するためにはいい試合だった」

MF阪口「これが今の自分たちの立ち位置。こういう悔しい思いは二度としたくない」

DF鮫島「(ボールを)持てる時間は長かったが、なかなかいい攻めができなかった」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう