記事詳細

【勝者のワザ】小平智の左ヒジが大きく曲がるのを防ぐ“水平振り”矯正法 左肩の付け根からひねりあげていく感覚が大切 (1/2ページ)

★スリーツアーズMVP

 アマチュアゴルファーには、トップで左ヒジが大きく曲がってしまっている人が多い。このような格好になると、飛距離もロスするし、スイングのタイミングも定まらなくなる。

 飛距離ロスは、クラブヘッドの運動量が少なくなることに起因する。タイミングが定まらないと、フィニッシュまで振り切れず、手打ちにならざるを得ないので、思ったほどクラブヘッドを使えない。

 テークバックで左ヒジを無理に伸ばそうとして、体を右にスエーさせてしまっている人も見受ける。ボディーをしっかりターンさせて、クラブヘッドにきれいなスイングアークを描かせるには、どうすればいいのか。

 スリーツアーズで優勝したJGTOチームでMVPを獲得した小平智は、そうしたアマチュアゴルファーにこんなアドバイスをしている。

 「トップスイングで左ヒジが大きく曲がってしまうという人には、ふたつのタイプがあります。ひとつは、テークバックでいきなり右ヒジをたたんでいくタイプ。もうひとつは、逆にまっすぐに伸ばした状態が長すぎてトップの直前になってがくんと折れてしまうタイプです。どちらのタイプでも、矯正法は同じです。水平振りをすることで両腕の正しい動きを身につけることができます」

 アドレスの状態からシャフトが地面と水平、あるいは、それよりもヘッドが少し高くなるところまで上半身を起こそう。剣道で言う正眼の構えのような恰好だ。ここからクラブヘッドの高さを変えないようにゆっくり振ってみよう。これが、小平のいう水平振りである。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース