記事詳細

貴乃花親方、八角理事長に辞任要求か 理事会での決着は不可能…“暗闘”の鍵握る「貴乃花一門」親方衆の動向 (1/3ページ)

 元横綱日馬富士(33)の暴行事件に端を発する、貴乃花親方(45)と日本相撲協会(八角理事長=元横綱北勝海)の内紛は、20日の臨時理事会が天王山となる。貴乃花親方はここで理事の肩書を剥奪される可能性があるが、それは承知の上。死なばもろともで八角理事長のトップとしての責任を追及し、辞任を迫る展開があり得るという。その上で、貴乃花親方は来年の2月に控える理事選で再選を狙うとみられるが、鍵を握るのは「貴乃花一門」の親方衆の動向だ。 

 20日の臨時理事会では、日本相撲協会の危機管理委員会(高野利雄委員長=元名古屋高検検事長)が暴行事件の最終報告を行う。

 被害者である貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=への聴取は、貴乃花親方が断固拒否しているため実現していないが、危機管理委では事件現場の同席者などから情報を集め、ほぼ全容を掌握したと考えているようだ。

 一方、協会へ対抗姿勢を鮮明にしている貴乃花親方は、理事から「役員待遇」へ1階級降格となる可能性がある。となれば、現在の「巡業部長」の肩書も理事であることが条件なので、同時に剥奪されることになる。

 加害者の元日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方は、監督責任を問われて2階級降格にあたる「委員」へ格下げになる見込みだ。

 八角理事長も協会トップとしての責任を取り、理事会で自ら減俸処分などを申し出る可能性がささやかれているが、関係者によると、貴乃花親方が刺し違え覚悟でトップとしての責任を追及、辞任を迫る展開もあり得るという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース