記事詳細

【ぴいぷる】TV界へ舞い降りた“氷上の天使”村上佳菜子 「真央ちゃんの演技見て気持ち変わった」 (1/3ページ)

 プロフィギュアスケーターとしての活動だけでなく、チャーミングな笑顔でバラエティー番組に引っ張りだこ。日本テレビ系「メレンゲの気持ち」のMCにも抜擢(ばってき)され、10月からレギュラー出演している。

 「久本(雅美)さんたちに助けてもらっています。少しずつですが、心臓が飛び出そうなほどの緊張はなくなってきました。いろんな番組に対応できるようにトーク術を吸収して成長したいですね」

 誰もが来年2月の平昌冬季五輪に選手として出場するだろうと思っていた。12位で終えたソチ五輪(2014年)のリベンジに、と。しかし、今年4月、現役引退を表明。戦いの場としてのリンクに別れを告げた。

 グランプリシリーズに参戦したのは、10-11年のシーズンから。五輪については「あんなに緊張する舞台なんて、私には絶対に無理だとずっと思っていました」。その気持ちを変えさせたのは、背中を追いかけていたあの人だった。

 「バンクーバー五輪での(浅田)真央ちゃんの演技を見て、人を感動させられるような演技がしたいという気持ちに変わったんです」

 浅田とは同じスケート教室出身で高校、大学とも一緒。入学の際には、浅田が着用していた制服を譲り受けた。鈴木明子を加えて「3姉妹」と呼ばれるほど仲が良く、メディアの注目を集めた。

 「シニアになってからは、2人に置いていかれないようにしないと、という思いでやっていました。自分がどこを目指していいのか迷った時期もありましたが、2人がいたから乗り越えることができたんです。感謝しかありません」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース