記事詳細

【中山徹 俺にも言わせろ】グリーン周りで何打も費やすワケ 「低く打つ」意識でヘッドアップも防ぐ (1/2ページ)

 木枯らしピープー吹く年末に入っても、俺は毎日、練習場でボールを打っている。若い頃とは違って何百球、何千球と打っているわけではないが、とにかくクラブを握っていないと落ち着かない。クラブを振らないとすぐに体はさびついてしまう。

 めったに練習場に来ない古株のお客と久しぶりに顔を合わせた。「久しぶりにラウンドなんですよ。忘年コンペです。好スコアを出す方法をぜひ教えてください!」と懇願された。練習もろくすっぽせずに上位入賞を目指すなんて…。

 「バカ野郎!そんな虫のいい話があるか」と言ったと思うだろ。でも、俺は怒鳴らなかった。にこやかに笑顔でアドバイスしたんだ。アマチュアゴルファーあってのプロだからな(俺も少しは大人になったか)。

 ドライバーもアイアンも「ボールを打ち終わるまで頭を上げないこと」、これに尽きる。ドライバーならインパクト後もティーペグを見続ける。アイアンショットはターフ後を見るようにすれば、そうそう頭が上がることはない。これだけでもミート率は十分高まるはずだ。

 アプローチショットをミスし、グリーン周りで何打も費やす人もいる。トップした後に、今度はダフる。そんな経験をした読者も少なくないだろう。こういうミスは簡単に防げる。原因は打ち方ではなく、ボール位置だからだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう