記事詳細

西武移籍の高木勇が会見「必要とされるところで全力」

 フリーエージェント(FA)で巨人に移籍した野上亮磨投手(30)の人的補償として、西武に入団した高木勇人投手(28)が20日、埼玉県所沢市の球団事務所で記者会見を行い、「必要とされるところで全力でやりたい」と意気込みを語った。背番号は20に決まった。

 巨人から移籍を告げられた際は「いきなりだったので、びっくりした」と振り返る。西武の印象については「すごく打撃がいい。辻監督はしっかりとした野球をする方」と語った。

 入団1年目の2015年に9勝を挙げるなど巨人での在籍3年間で通算15勝を挙げた。西武では先発が期待される右腕は「名前を覚えてもらえるように春季キャンプからアピールしていきたい」と決意を新たにした。(産経新聞)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう