記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】飛距離生む“軸”の意識 おへその少ししたにグッと力を (1/2ページ)

★中里光之介(1)

 僕のセールスポイントは飛距離です。平均300ヤード弱で、当たれば300ヤードちょい。「どうすればそんなに飛ばせるのですか?」という質問をよく受けます。

 これはドライバーだけに限ったことではありませんが、僕が一番大切にしているのは、“軸”です。どんなに力があっても、どんなに大きなスイングをしても、軸がブレるとエネルギーを最大限ボールに伝えることができなくなり、大きな飛距離は実現しません。

 軸がブレないようにするため、僕が最も意識しているのは、おなかに力を入れることです。具体的には、おへその少ししたあたり(写真〔1〕)。構えたときから、ここにグッと力を入れ、スイング中、その力を緩めないようにします。

 次に意識しているのはテークバックで、体とともに手を動かすことです。手の動きを主体に上げていく人もいるようですが、この時点で体と手の動きがずれると、途中で修正するのが難しくなります。

 僕の場合は、テークバックで30~40センチは、グリップエンドとおへそが一緒に動くように意識しています(同〔2〕)。始動時は、それくらいの意識を持ったほうがいいでしょう。

 もうひとつ、バックスイングで意識しているのは、右肩が後ろに引かれるイメージです(同〔3〕)。左肩を顔の前に持ってくる意識で体を回すのではなく、右肩を引っ張られる動きを意識した方が、ブレなくトップの形も安定します。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう