記事詳細

貴乃花親方が“共犯”白鵬に追撃弾準備 理事長選をにらんで“死んだふり”…紛争は第2幕へ (1/3ページ)

 元横綱日馬富士(33)の暴行問題で、日本相撲協会は20日、東京・両国国技館で臨時理事会を開いて処分を決めたが、暴行を受けた幕内貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)=元横綱=の処分だけは先送りとなった。相撲協会や白鵬と対立する貴乃花親方の孤高の戦いは第2幕へ。19日には貴ノ岩への危機管理委員会の聴取を認め、自身も聴取に応じることを約束するなどの歩み寄りをみせたが、これは戦略を変更したに過ぎない。民事賠償訴訟や3月の春場所後に行われる理事長選まで見越した上で、がっぷりの四つ相撲に方針を転換したもようだ。

 貴乃花親方の処分は、親方本人からの事情聴取ができていないことを理由に先延ばしとなったが、それ以外はこの日の理事会は順調に進んだ。貴乃花親方は準備してきた独自の15枚の報告書を理事会に提出。暴行のいきさつがまとめられたもので、(自分が)「批判されることはない」と書かれており、「これを読んでください」と話したという。最後に意見を求められた際には何も答えなかった。

 結局、暴行現場にいた横綱白鵬、鶴竜に「給与減額」の処分が下り、幕下陥落が確実視されていた貴ノ岩には救済措置が施されることになったのだ。

 貴乃花親方の方向転換は明らかだった。危機管理委から再三、貴ノ岩の聴取を申し入れられながら、「鳥取地検が処分を下すまでは」と応じない姿勢を崩していなかったのに、理事会の直前になって突然軟化し、自身の聴取も応じることを約束したのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース