記事詳細

大甘処分ニンマリの白鵬がパーティードタキャン、横綱不在で出席者からはため息 (1/2ページ)

 元横綱日馬富士(33)が幕内貴ノ岩(27)を暴行した事件で、日本相撲協会は20日、臨時理事会で事件現場にいた白鵬(32)、鶴竜(32)両横綱に来年1月の給与不支給などの処分を下した。白鵬は、事件に発展する説教の口火を切り、元日馬富士と“共犯”とも指摘されるなど厳しい声が飛んでいる。さぞ神妙な面持ちかと思いきや、危ぶんでいた1月の初場所出場停止を回避でき喜んでいるという。まったく懲りていないようなのだ。

 白鵬はこの日の夜、千葉県内の高級ホテルで開かれる民間企業の忘年会パーティーに出席するはずだったが、処分が下った日だけに、さすがにドタキャンした。

 同企業のトップは白鵬の有力な支援者で、溜会(たまりかい)の会長。溜会は、会員制の団体でメンバーは「砂かぶり」と呼ばれる最も土俵に近い座席で観戦することができる。

 同企業とこの会の力の強さを示すように会場には、大臣経験者や衆院議員をはじめ政財界の大物、地元関係者ら実に約490人が顔をつらね、あふれかえった。

 その中の1人で出席した60代の男性を直撃すると、「忘年会冒頭は主催者の謝罪から始まった」という。「主催者のもとに白鵬から『申し訳ありません』と連絡があったそうで、今日の今日だから自主的に謹慎したのだろう。忘年会は1カ月前に白鵬が『この日ならいけます』として決めたもの。白鵬目当てで来た人もいたはずだ」とため息を漏らした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース