記事詳細

阪神・坂本誠志郎が“しくじり先生”に エリート街道を振り返り「すぐ調子に乗りました」

 「(学生時代は)調子に乗っていたけど、これじゃダメだと(気付いた)」

 プロ2年目の阪神・坂本誠志郎捕手(24)が20日、東京・練馬区立南田中小学校で『JFAこころのプロジェクト夢の教室』に参加。“しくじり先生”となって5年生27人を前に、球界のエリート街道から学んだ教訓を語った。

 教室で自身の半生を振り返りながら55分間の授業を行った坂本。同級生とアパートを借りて生活した履正社高時代、3年春のセンバツでベスト4入りしたことで「調子に乗りました」。明大に進学後も1年生でレギュラーを獲り、4年生では日本代表で主将も務め「すぐ、調子に乗りました」と軽快なトークで子供たちを笑わせた。

 そんな坂本にも挫折のときが訪れた。プロ入り1年目の春先に左脇腹を痛め早々と離脱。「恥ずかしいし情けないと思った」と明かし、そこから奮闘。「悔しい思いをしながら(目標達成が)できなくても、どうやるかを糧にして、皆さんも大きくなってほしい」と真剣な表情で訴えた。

 今の夢として「まだレギュラーではないけど」と前置きし、黒板に「(東京)オリンピック(出場)」と力強く記した若虎は「1つの夢をかなえることでまた(次の)夢が出てくるのでね」と希望に満ちあふれた子供たちの前で決意表明した。(山戸英州)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース