記事詳細

坂本花織、ミスなしの演技で首位発進、本田真凜は6位

 フィギュアスケートの平昌冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は21日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕し、代表2枠を争う女子はショートプログラム(SP)で17歳の坂本花織(シスメックス)がほぼミスなしの演技を見せ、73・59点でトップに立った。

 4連覇を目指す宮原知子(関大)が73・23点で2位、本郷理華(邦和スポーツランド)が70・48点で3位、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が68・93点で4位。年齢制限で平昌五輪に出られない15歳の紀平梨花(関大KFSC)が大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功し、66・74点で5位と健闘した。本田真凜(大阪・関大高)は66・65点で6位、三原舞依(シスメックス)は64・27点で7位と出遅れた。

 代表1枠を競うペアはSPで須崎海羽、木原龍一組(木下ク)が54・53点で首位発進した。(産経新聞)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう