記事詳細

中日が松坂投手をテストへ 森監督「見て判断する」

 プロ野球中日は21日、ソフトバンクを戦力外となって退団した松坂大輔投手(37)の入団テストを来年1月下旬にナゴヤ球場で行うと発表した。森繁和監督ら現場スタッフ、編成部幹部が立ち会って実施する。

 松坂は中日球団を通じて「チャンスをいただき感謝しています。テストに向けて、しっかりと準備していきます」とし、森監督は「まず見てから。自分の目で見て、投げられるか。1月に判断する」とコメントした。

 松坂は2015年に米大リーグ、メッツからソフトバンクで日本球界に復帰したが、右肩を手術するなど、1軍登板は16年に1試合だけだった。

 中日は5年続けて4位以下と低迷しており、投手陣の再建が欠かせない。日米通算164勝の実績を評価し、チームに経験を伝える役割も期待しているとみられる。西山和夫球団代表は「松坂投手と直接話をして、熱い決意をひしひしと感じた。テストをクリアして1軍マウンドへの復帰を期待している」と談話を出した。

 松坂は神奈川・横浜高から1999年にドラフト1位で西武入りし、2007年に大リーグ移籍。プロ野球通算108勝60敗1セーブ。大リーグ通算56勝43敗1セーブ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう