記事詳細

真凜、7位に悔し涙「自分が目指していた演技ができなかった」

 フィギュアスケート・全日本選手権第3日(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)16歳の本田はジャンプが安定せず、フリー9位の合計7位に終わった。多くのスポンサーがつくなど注目を浴び続けるホープは力を出し切れず「自分が目指していた演技ができなかったことがすごく悔しい」と涙を浮かべた。

 2016年世界ジュニア選手権女王はグランプリ・シリーズでも2戦連続の5位。シニアの壁にはね返された形で「自分が今までやってきたことに少し間違いがあったんじゃないかと思う。見つめ直していきたい」と今後の飛躍を誓った。

本田真凜「目指していた演技ができなかったことがすごく悔しい。自分のスケートの夢が五輪。今回できなかったことをずっと心にとめて、夢をかなえられるように今後また頑張りたい」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう