記事詳細

ソフトバンク・柳田、3年12億円で契約「日本一の選手に」

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が23日、福岡市のヤフオクドームで契約更改交渉に臨み、来季から3年総額12億円プラス出来高払いの大型契約を結んだ。年俸は1億4000万円アップの4億円となり「すごいお金。もっともっとチームを引っ張らないといけない。日本一の選手になりたい」と思いを新たにした。

 今季は打率3割1分、31本塁打、99打点で3年連続の最高出塁率にも輝いた。9月に右脇腹痛で離脱したが、楽天とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦で電撃的に復帰。日本シリーズでも活躍した29歳の強打者は「3割、30本を打てたし、最低限の仕事ができた」と笑顔を見せた。

 順調なら来季中に国内フリーエージェント(FA)の資格取得条件を満たす。球団からは、ずっとソフトバンクでプレーしてほしいと言われたという。「恩返しするつもりで働きたい。まずはキャリアハイ(自己最高成績)を目指す」と来季を見据えた。(金額は推定)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう