記事詳細

時津風一門離脱の錣山親方を直撃 貴乃花親方との合流は「全く関係ない」「自由な立場で協会のプラスになることを」

 元関脇寺尾の錣山(しころやま)親方(54)が、湊親方(49)=元幕内湊富士、立田川親方(36)=元小結豊真将=とともに、時津風一門から離脱することが明らかになり、角界に衝撃が走った。2年前の理事選では貴乃花親方(45)を支援したとみられており、貴乃花一門に合流するのではないかという声が根強い。渦中の錣山親方が22日、夕刊フジの直撃に答えた。(塚沢健太郎)

 現役時代に真っ向勝負で人気を博した錣山親方は朝稽古終了後、離脱の真相を明かした。

 --時津風一門から離脱したと報じられた

 「深い意味はない。昔から考えていたことです。自由な立場になって協会のルールの中で言えることを言っていく。ただ、それだけです」

 --貴乃花一門への合流は

 「貴乃花一門の総会(18日)に出ていたという報道がありましたけど、出ていません。次の日のワイドショーを見て、知ったぐらいですから。ちょうど時津風一門会があった日なので、逆にビックリしました」

 --一門の離脱は大変な決断に思えるが

 「自分の中ではそんなに大げさなものではない。もめて出たわけではない。みなさんにちゃんと説明をして出たので」

 --弟子で部屋付きの立田川親方だけではなく、湊親方も行動をともにするのか

 「湊は新弟子のころから知っているし、一緒に審判もやっていたので、いろいろ話をした。同じような意見の方がいれば一緒にやってもいいと思うけど、3人だけでも問題はない」

 --改めて貴乃花一門への合流は

 「そういうのは全く関係ない。協会に自由な立場でプラスになることが言えるように。それが大もとです」

 貴乃花一門への現時点での合流を否定した錣山親方だが、来年の初場所後の理事選、3月の春場所後の理事長選へ向け、動向が注目される。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース