記事詳細

暴行被害者の貴ノ岩が十両に転落 先場所全休で

 元横綱日馬富士による暴行事件の被害者の貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=が26日、日本相撲協会発表の大相撲初場所(来年1月14日初日・両国国技館)の新番付で幕内から十両へ転落した。

 10月下旬の暴行で負傷し、11月の九州場所を全休したため。東前頭8枚目から東十両3枚目に下がり、12場所連続で在位した幕内から落ちた。

 相撲協会は12月20日の臨時理事会で、貴ノ岩の状況を考慮し、初場所を全休しても診断書を提出すれば、3月の春場所では十両最下位の西14枚目にとどめる特別救済措置を決めた。通常、東十両3枚目で全休すれば幕下転落が濃厚。

 貴ノ岩は九州場所を休んだ際、「頭蓋底骨折などの疑いで全治2週間程度」との診断書を協会に出した。17日終了の冬巡業は診断書を提出せずに全休し、19日には協会危機管理委員会の聴取に応じた。20日の危機管理委の報告書では5日から入院中となっていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう