記事詳細

【編集局から】「気さくな人」福岡の人が語った貴乃花親方の人柄 喫茶店でブルマン注文

 相撲関連の取材で福岡県に出張しました。北九州空港からJR小倉駅前までバス移動。降りると、駅前に、とんこつラーメンの独特の匂いがしてきました。

 地元の人は「東京の人は豚骨の匂いが苦手みたい」と笑いますが、確かに食べてみると、東京の博多ラーメンより味が濃い気がします。これまで出張先でもファストフード店や立ち食いそばで済ませることが多かったのですが、今回は悔いなしです。

 貴乃花部屋のある田川市には小倉駅から日田彦山(ひたひこさん)線に揺られて約1時間。最寄りの田川後藤寺(たがわごとうじ)駅はかつての筑豊炭田の一角で、中央から来た三井の社員が住み着いたことで栄えたといいます。

 隣の田川伊田駅近くで開かれる炭坑節まつりには貴乃花部屋の面々も参加しているそうです。

 親方が来店したことがあるという喫茶店の70代女性店主は「気さくな人だったよ。ブルマン頼んでいった。ふんぞり返るような感じじゃなかった。『また来ます』っていってくれたわ」とうれしそうでした。

 地元に伝わる昔話や、炭坑の話をしながら、「やっぱり親方もこういう土地柄が好きなのかもしれないわね」と語っていたのが印象的でした。(海野慎介)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう