記事詳細

貴乃花親方、理事会決戦前に文春・新潮に“激白砲”のナゼ 初場所の「天覧相撲」危機 (1/3ページ)

 元横綱日馬富士(33)による十両貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=への暴行事件で、日本相撲協会は28日、臨時理事会を開く。協会の聴取に非協力的だったとして貴乃花親方(45)に処分が下る予定だが、前日27日発売の週刊誌では「貴乃花激白」などと親方が協会に紙爆弾を投じるような記事が掲載された。狙いは何か。一方、今回の暴力事件の“罪”は重く、初場所(来年1月)恒例、天覧相撲が不祥事を理由に開催されない恐れがでてきた。

 28日に開かれる臨時理事会では、元日馬富士が起こした暴力事件に関し、巡業部長だった貴乃花親方が相撲協会の調査、聴取に非協力的だったとして処分が下る予定。協会内部では「理事解任」から最も軽い「けん責」まで意見が分かれているとされる。

 貴乃花親方は警察、検察の捜査を待って協力すると主張しており、弟子が暴行された被害者側でもある。関係者によると、親方は、はらわたが煮えくり返るほどの怒りようという。

 その親方が27日発売の週刊誌2誌で、相撲協会(八角理事長)や事件の黒幕とされる横綱白鵬らに対し、紙爆弾で応じた。

 「貴乃花激白」と題したのは週刊文春。そのなかで親方は、「相撲協会は私を処分したいのならすればいい。被害者に非があったかのような言われ方は残念。私はこのままで終わるつもりはありません」などと反抗宣言した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう